福岡健康の里とは

代表取締役社長 妹尾満隆(セノオ ミチタカ)「福岡健康の里」創業への想い

福岡健康の里 代表 妹尾満隆

ものづくりへの想い

いよいよ人生100歳の時代が現実的に到来してまいりました。

福岡健康の里の原点は、皆様が『意欲的』で『活動的』な生活を送って頂くことを願って創業した会社になります。

普段の生活の中で風邪を引いたり病気になったりすることがあります。
そして、ほとんどの方がその時に薬などを飲まれるのではないでしょうか。

現に私も、健康を深く考えるまではその様に風邪や病気などが発生してから、何かしらの対策をしていました。

しかし、前職の会社の先輩と久しぶりにお会いした時にある言葉が頭で引っかかりました。

その先輩は

『会社で働いてる以上周りに迷惑をかける事が出来ないから、毎日予防の為に風邪薬を飲んでるだよ』

とおっしゃっていました。

その時に私は、わざわざ薬を飲まずとも身体に良い『自然派』の食品を使って、そのような『風邪や病気を防ぐ事が出来ないか?』
と思いついたのがきっかけです。

薬がダメな訳ではありませんが、やっぱり毎日飲むものなら自然派で身体に負担のないものが選ぶ方が良いと思います。

そこから私は健康食品の販売へと導かれて創業いたしました。

突然踏み込んだ健康食品の分野です。

初めの頃は、右も左も分からない状態で、色々な人に助けられ試行錯誤しながらどうにか今までやってこれています。

特に健康食品は体の中に入るものなので、品質・安全という一番気になる点にこだわり、配合するレシピも相性やバランスを考慮し丁寧に心を込めて作っております。

ご愛用者様からの喜びの声や、貴重なご意見等に耳を傾けさせて頂き、おかげさまで現在に至っております。

常に『お客様に喜んで頂ける商品』をご提供できますよう心がけてまいりました。

ついつい当たり前に健康があるものだと考えがちなのですが、私はその健康も日々の積み重ねだと思っています。

そして、自分が病気や風邪を引いた時にその大切さが身にしみるのです。

私はそうなる前に、事前に予防する事でそれらを防ぐ事が出来るならそちらを選んだ方が、人生は楽しくなるし自信を持って充実した日々を送れると考えています。

健康で生涯現役で元気に明るく過ごしていただけるお手伝いをさせて頂きます。

大手会社様の様に、大きな資本がある訳でもなく実績がある訳でもありません。

しかし、私は誠実にお客様と向き合い将来『福岡健康の里が世界中で必要とされる会社』を目指しております。

感謝と報恩の念を忘れず精進して参ります。

 

 

企業理念

・我が社が提供するのは商品ではなく『健康』と『一生涯忘れることが出来ない「感動的な体験」』である

・自主性の発揮を奨励する

・利益を追求するが世の中に貢献出来る仕事から利益をあげる

・変化を受け入れ果敢に挑戦し、誠実に努力した結果の過ちには寛容になる
 

中核的な目的

・製品を通して「健康と元気力」を届けそれによって持たさられる達成感の提供に務める

・どれだけ素晴らしいマーケティングをしようとも、「体験」に勝ることはないと関係する全てのパートナーは理解する

・企業がパートナーを大切にすることで、パートナーは顧客の心に響くサービスを提供できる

・パートナーには、積極的に権限を与え自主性を持って物事に取り組んでもらう

・全てのパートナーは正しい倫理観を持ち、その時の環境に沿った対応をする

・経済的成果と同様に社会的成果(ボランティア、寄付など)をあげることで世の中に貢献していく

・他社ばかりに目がいくのではなく、顧客の声を第一に考えそれを可能な限り実践する

・価値観を強要することなく、多様性を受け入れる
 

ブランドスローガン

さぁ、10年後の健康を手にしよう!